フルサト

花が咲くのも

 

花が散るのも雨と風。花が咲くのも雨と風。

 

明るい座敷に新聞紙を広げ、落花生の殻をむきながら祖母はぼそっとつぶやいた。思春期にあった僕はその意味を尋ね、なるほどうまいことを言うな、と感心した。

engawa

小柄ながら恰幅がよく、いつも笑顔で声が大きい。道行く知り合いを見つければ、お茶を飲んでいけ、と呼び掛ける。実家に嫁いでくる前は、村で一番の踊り上手、そして歌上手だったらしい。祭りの練り歩きの先頭はいつも祖母だったという。オチャメで可愛い人だったが、自分なりの人生訓を備えていた。

そんな祖母も故人となり、大人になった僕はふとその句を思い出し、知人に話したことがある。すると親切にも出所を調べてくれ、作者不詳の「与論小唄」という俗謡であることがわかった。

遠い昔、寂しい与論島に19で嫁いだ女が、歳を経て、別れ話に行き当たる。その夫婦を諭す一節に、件の句はあった。

咲いた桜に 惣れるなよ
花はきれいが 散り易い
恋をするならあの松よ
枯れて落ちるも二人づれ

花を咲かすも 雨と風
花を散らすも 雨と風
雨と風とが ないなれば
花も咲かねば 散りもせぬ

▲出典:るんたるんた 民族楽器専門店

 

祖母は、なんとも粋な人だった。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク(yogibo/ヨギボー)

そらよりおすすめ記事

ハイバックメッシュオフィスチェア
よろしかったらポチっとでブログ村ランキングの応援をお願いします。 にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

-フルサト
-,

© 2020 ロマグレ