ココロノ

トワイライト -月と太陽が出逢うとき-

 

 

 

sunset-beach

 

 

月は言った

「あなたはずっと眩しかった

その眩しさが憎いときもありました

でも一人残されるのが

こわくて、くやしくて

意地であなたを追い掛けた」

 

太陽は言った

「きみがあのとき

さみしい思いをしていたのはわかっていた

それでもぼくは

自分を輝かせることしか考えない

わがままな男だった」

 

「女を泣かせて平気でいる男なんてサイテー」

月は太陽に手を伸ばし微笑む

「でも、いいわ

いまはこうして

二人でいるんだから」

 

太陽は、申し訳なさそうにうつむく

「ありがとう

きみの人生はそれでよかったのかい

ぼくの人生は…」

 

太陽はその灼熱をひそめ

穏やかに辺りを照らす力しか

もはや持ちあわせていない

 

月は東の空で

わたしのときの輝きを自覚する

 

twilight

二つの、光が、出逢うとき

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

そらよりおすすめ記事

ハイバックメッシュオフィスチェア
よろしかったらポチっとでブログ村ランキングの応援をお願いします。 にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

-ココロノ
-

© 2020 ロマグレ