Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スライドショー フルサト

竜宮城をみつけた日

投稿日:

 

故郷の目の前は海で、広い干潟があった。それは隣村で干拓となっていた。

干拓といわれても、ぴんとこない人が多いだろう。干拓は、海に土を盛り、周囲を堤防で囲み、新たな陸地を生みだすものだ。水路を巡らせた隣村の干拓は一面の田んぼとなっていた。

干拓には実家の所有する田があった。水路は深く、道との境目をアシやガマが隠し、小さな子どもにはとても危険な場所だった。だから、たまにしか連れて行ってもらえなかったが、干拓の思い出は鮮明だ。

*

あるとき叔父が青いザリガニを見つけた。父といっしょに水門まで走り、のぞくと、そいつがいた。青なんておしとやかなものではない。コバルトブルーのザリガニだった。その日は網を持っていなかったので、後日叔父がつかまえてきてくれた。実家の庭の井戸の脇。たまりに放たれたそいつは僕をとても誇らしい気持ちにしてくれた。

*

干拓を囲む堤防の頂上は舗装された道路となっていた。もともとの陸地から半楕円状に海に突き出た干拓の周囲を車でぐるっと周ることができた。陸地から先端までは2km以上はあっただろう。高い堤防から海を見ると、そこは干潟だ。道路は干潟に乗り入れ、初夏には潮干狩りでにぎわった。

広い空から陽光が降りそそぎ、コンクリートの堤防は白くまぶしく光った。ところどころで干からびた貝や魚が磯独特の臭いを放っていた。潮干狩り場に下る短い坂の途中にはカキ氷の屋台がぽつんと立ち、鮮やかな氷旗が潮風に揺れていた。

*

僕の通う小学校はその干拓を正面にしていた。年中行事として潮干狩り遠足が催されていた。6学年をふたつに分け、2日間それぞれ丸一日使って行う一大行事だ。児童たちは家からどんなに大きな入れ物を持ってきてもよく、身の丈を忘れあさり採りをたのしんだ。丘を越えて帰る子は引きずらなければならず、破れた網からこぼれたあさりが雑木林の通学路に散乱した。

*

潮干狩り遠足は僕が2年生のときに終わった。高度成長期の工業地開発の波が干潟にまでおよび干拓もろとも埋め立てられることになったのだ。

最後の日。先生はたしか「この海をよく覚えておきなさい」と言ったように思う。そして僕は忘れられないものを見ることになった。

*

ホイッスルが吹かれ、児童たちに潮干狩りの終了が知らされる。あともう少しとダダをこねるわけにはいかない。満ち潮が始まり、うかうかしていると帰り路を失い、溺れ死んでしまう。

でも僕は干潟の砂地にできた潮溜まりに夢中になっていた。直径40~50cmほどの窪みである。そこにイソギンチャクがいた。小さなウミウシがいた。さまざまな海藻が揺れていた。緑、紫、ピンク、紺、黄色。鮮やかに彩られた水のなかの宮殿、あるいは宝石箱か。数匹の小魚がツー、ツーと泳いでいた。

「あっ、竜宮城だ」

一瞬で悟った。もう二度と出会えない。僕はその小さな世界を目に焼け付けようとしゃがみ込んだまま潮溜まりを覗いていた。

*

あの干拓の風景はやがて人々の記憶から消えるだろう。なんだかそれはとても惜しい気がするので、こうして記してみた。あまり意味のないことかもしれないが、それならそれでしかたがないと思っている。

 

 

スポンサーリンク

-スライドショー, フルサト
-, ,

Copyright© 想うがままに mysorayori , 2019 All Rights Reserved.