Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ココロノ

賀来賢人 賛

俳優の賀来賢人さんの演技にうなっている。

邦画の出演作を観たわけではないが、CMだけで上手いがビンビン伝わってくる。

ちょっと前になるが綾瀬はるかさんとからむ日本生命のTVCMの退院患者のシーン。

あれに、やられてしまった。

寸分の途切れもなく彼は若者の苦しい入院事情をコミカルに演じていた。

たとえが伝わりにくいかもしれないが、それは歌のうまい人のメロディアスな歌声に似ている。

どこまでも途切れることなく“歌”が鳴っているのである。

そう、彼の演技はじつに自然で途切れることなく鳴っている。

それがリアリティを醸し、演じ手のフィルターを透明にし、シーンに没入させてくれる。

映画「用心棒」で旋毛風舞う村の通りを懐手の三船敏郎が鉄砲使いの仲代達也に向かってくるシーンがある(うろ覚えなので間違っていたら御免なさい)。

あの面倒臭そうな浪人はシリーズ中の三船のお約束の演技なのだが、映画のリアリティを地味ながら底上げしていて手堅い。

ポスト三船敏郎が求められて久しい(むしろ諦めかけられている)。担うべき松田優作は道半ばにして倒れてしまった。じつは賀来賢人さんは、そのバトンを受け継ぐべき役者なのではないだろうか。

脂がジュージュー音を立てている彼の演技は実に美味だ。

堂々たる作品に彼は起用されるべきである。

 

 

-ココロノ
-

Copyright© ロマグレ , 2019 All Rights Reserved.