Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
sorayori

アエテノ

憂いの多きこのご時世、ガマンを重ねてまいりましたが、これにて堰を切らせていただきます。あえての泣き言、苦言、申し上げさせていただきます。御免。

アエテノ

市議会議員選挙で最も素人くさい若手に投票すること

2019/4/21    

さて、選挙です。 わが市でも議員さんの改選があります。 とくに肩を入れている党があるわけでなく、無宗教、無組織なので、票を投じなくてはならない党もない。国政選挙もそうですが、毎回、選挙公報を読み比べ、最も納得できる公約の候補を選ぶようにしています。 告示から3日目ぐらいのことです。スーパーへ買い物に出かけると、街道の横断歩道の脇で演説をしている若い候補がいました。 人通りの多い駅前でビラを配ったり、選挙カーの上で拳を振り上げたり、派手な演出を繰り広げる大政党の候補がある一方で、自転車に拡声器ひとつ、のぼり1本、ひとりで辻に立つ弱小候補は珍しい光景ではありません。 ただ一つ、心に残ったことがありました。 歩行者用信号が赤で通行人が溜ま ...

アエテノ

お前といっしょにするな

2019/3/1    

いとこが小さな会社を経営している。久しぶりに会ったので「土日は休めてるの?」と尋ねる。客先から求められれば休日返上で対応するのが零細トップの責務である。同様の経験があるのでアイスブレイクのつもりで軽く話題を振った。 すると「ああ、休めてるよ」と言う。 「おお、いいじゃない。それなら昼から酒が呑めるな」と僕は、すかさず相手の懐に飛び込んだ。 すると彼は少しムッとした様子でこう返してきた。 「昼から酒を呑むような生活はしていない」 いや、参りました。僕はたびたび低俗な自分といっしょにして不興を買ってしまう。悪気はないのである。相手との距離を縮めたいがだけなのだ。ただデリカシーが足りていない。いつも急ぎ過ぎてドタバタの無礼をしでかし失敗し ...

スポンサーリンク

アエテノ

青臭いことをしてしまった

2019/3/1  

実家の村でいさかいが起きました。 発端は数年前へと遡ります。 小川に沿って走る道路のガードレールの外側。幅80cm、長さ30mほどの空き地は管理者もなく放っておくとすぐ雑草に覆われてしまいます。休耕田の草刈りを終えると、僕は余った燃料でそこを刈っていました。 ある日、村の班長が僕にお願いがあると言います。彼は五つほど年下の幼なじみで、いまも気軽に声を掛けあう仲です。 彼は「危ないので刈らないでほしい。市内一斉清掃のときに草刈り担当を決めるから」と言いました。 小川は3mほど下を流れ、ガードレールの反対側は垂直の護岸です。後ずさりしてうっかり足を踏み外そうものなら、金属の刃が高速で回転する草刈機もろとも転落しかねません。市の行事であれ ...

アエテノ

連絡先不明の以下の方々

2019/3/1  

高校の同窓会幹事から毎年年賀状をいただく。 東京に出ている者だけでときどき飲み会を開いているのでどうか、と別の知り合いから誘われ2回ほど参加したことがある。その幹事であり、さらにクラス同窓会の幹事も買って出るという元気いっぱいの女性だ。 うちの学校には珍しく長めのスカートを履きヤンキーの臭いを漂わせていたが、数十年たち大いに社交性を発揮し、いまや同窓会の要である。 数年前に旦那と沖縄に移住しダイビング三昧と聞いている。 たまたま隣に座った酒の席で、どこぞの海でマンタの大群と対面したときの感動が忘れられないと話してくれたことがある。 2回目の東京会の後、東京駅の広いコンコースで酔った彼女に猛烈なハグをされ、こちらもまるで恋人のような熱 ...

アエテノ

目先の経済脳にこころが干からびてはいないだろうか?

2019/3/1  

昨年秋ごろから気になっていることがありました。うまく文章にできないでいたところ、暮れに新たな問題が発生し「気になっていること」はふたつになりました。 どちらも経済と宗教の問題です。   「もったいない」か「もうしわけない」か 学校給食が昨秋、SNS上で話題となりました。本題は給食を残すことの是非であり、「是」の根拠として本人の自由意志が尊重されるべきという意見がありました。 僕が気になったのは「非」の根拠として多くのメディアが取り上げた「給食センターのひとがせっかく作ってくれたのに残すのはもったいない」という意見でした。 これは労働と材料のコストに関する経済的ロスのみを視野に入れたものです。 果たして子どもたちにこれを根拠 ...

Copyright© ロマンスグレーになりたい , 2019 All Rights Reserved.